LED植物育成実験プロジェクト 量産型機

      この実験は、エレクトロニクス専門店アイ・シー・アイの
      アイデア&提供による、共同プロジェクトです。

     LEDの光で植物を育てる実験に用いることのできる、シンプルな光照射装置を作製しています。
    以前、全くの手作りで照射装置の試作機(プロトタイプ)を作ったのですが、これがもう大変でした。
    プロトタイプ製作記はこちら

     LEDを100個並べたパネルを作るんですが、数が多い上に回路が入り組んでいるのでハンダ付けに丸一日かかりました。同じ姿勢をしていたので終わった後もしばらく体が動かず、このままハンダ付けマシンとして一生を過ごすことになるのかと思いました。

     試作機を実際に使ってみると、実にみずみずしくておいしいハツカダイコンが収穫できたり、クレソンやペパーミントが元気よく育ったりと上々の結果でした。そこで2台目・3台目を作っていろいろ実験したくなったのですが、やはりネックになるのはパネル製作。ハンダ付けマシンとして一生をすごす羽目になるのは勘弁願いたい。

     という経緯もあって、プリント基板製造も含めた「量産型機」の開発を行いました。LEDパネルを4枚まで接続可能で、2系統に分けて異なる発光パターンの比較実験ができるものです。


    LED400枚のパネルで、小さめのプランターサイズまで十分照射可能です。


    コントロール部分。液晶ディスプレイとボタンのみのシンプルな操作でパターン設定します。


    パネル2枚ずつ、別々の発光パターンを設定できるので、実験して比較することができます。


    パネルは一枚17cmX15cm。上の写真はパネル4枚分です。
    おお。植物工場みたいでカッコいい・・。

     早速実験してみよう!!

    この装置の詳細について:
    取扱説明書ダウンロード(PDFファイル)
     より詳しい情報や入手法につきましてはエレクトロニクス専門店アイ・シー・アイ、あるいは河西電子技研(kawnish@nifty.com)までお問い合わせください。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO