補足

     下記入門書に付属のプログラムを、PICに書き込むときの補足です。

      後閑哲也著「たのしくできるPIC電子工作」東京電気大学出版局発行
      ISBN 4-501-32050-8-C3055 \2700+税

    基本的な操作は、前に述べた「PICをプログラムに書き込む」のページを参考にしてください。
    ただし、以下のような設定変更が必要になります。

     ・一番右上のウインドウで、PIC16F84Aを選択します。
     ・入門書付属のCD-ROM中、プログラム/3章フォルダからEXAMPLE.HEXファイルを開きます。
     ・デバイス設定の右下の項目を設定します
       FOSCを"HS"に
       WDTE, PWRTE, CPはすべて"Disable"に

    ライタの設定

     この状態で書き込み(プログラム)します。

     FOSC, WDTE, PWRTE, CPはPICにプログラムを書き込む際、同時に行うハードの設定です。簡単な説明はライタソフトの設定の際、左下のウインドウに表示されるので参考にしてください。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO